'; ?> 歯のホームとオフィスホワイトニング比較

歯のホームとオフィスホワイトニング比較

ホワイトニングとは?

ホワイトニングで毎日の鏡の時間が楽しくなる

歯のホワイトニングとは、加齢や生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を薬などで白く漂白することをいいます。

 

海外ではブリーチングとも呼んでいます。

 

今日のホワイトニングは、
歯科医院で行うホワイトニングのオフィスホワイトニング
家庭で自分で行うホームホワイトニングがあります。

 

以前は、
歯医者で歯を白くする為に歯を削って白い歯をかぶせたり、歯の表面に付け爪のようなものを貼ったりする方法でしたが、現在は、歯科医院によりさまざまなホワイトニング方法が行われています。

 

  • 歯の表面に過酸化水素を主成分とした薬剤を塗って漂白する方法
  • 個人の歯に合わせて作られたマウスピースにジェル状の漂白剤を注入して歯に装着する方法

などによって歯自体を白くすることが可能となりました。

 

歯が黄ばんでいると、確かに人に不健康な印象を与えてしまいます。
白い歯の笑う印象の方が、はるかに相手に与える印象は格段に良くなりますネ。


ホワイトニングの技術

ホワイトニングの口元イメージ

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された、まだ新しい歯科技術です。

 

ホワイトニングを行う歯医者は、いわゆる「審美歯科」と呼ばれることが多いようです。
歯科といっても、従前の虫歯の治療ではなく、歯科の美容整形版といえるでしょう。

 

従って、「審美歯科」は保険の適用外となり、
受診する際にはかなりの費用を考えておかなければなりません。

 

ホワイトニングは、単に表面だけを処置するものではありません。
表面の汚れも取りますが、歯の中にある汚れの成分も分解します。
これによって、本当に白い歯を取り戻すことができます。

 

最初に、歯の汚れを取り除きます。
次に、特殊なホワイトニング剤と呼ばれるものを歯の表面に塗ります。

 

ここにハロゲンライトなどの特殊な光を当てることで、
ホワイトニング剤の効果によって歯の中の色素が分解されるのです。
つまり、色素の分解が進んで白くなるわけです。

 

ところで、今日ではホワイトニングと呼んでいますが、初期の頃はブリーチングと呼ばれていました。

 

ブリーチングは、漂泊すると言う意味になりますので、
ちょっとイメージが悪いというのでホワイトニングにいい改めたようです。

 

ホワイトニングというと、歯を白くすると言うことが歯の表面を削って、
汚れを取り除くと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

現代のホワイトニングは、歯を削るわけではなく、色素を分解するだけです。
従って、歯にダメージを与えることなく白い歯を取り戻すことができます。

 

歯の表面だけではなく、歯の内部に黄ばみの原因があると言うことです。
ホワイトニングの重要な点は、処理をしてからも定期的なチェックが必要となることです。


ホワイトニングの種類

大きく分けるとホワイトニングには、

の2種類があります。

 

オフィスホワイトニングでは、歯に専用の薬剤を塗布し、
レーザーや光を当てて歯を白くする方法が一般的に行われている方法です。

 

この方法は短時間で歯を白くできる為、即効性のあるホワイトニング方法です。

 

一方、ホームホワイトニングは、
自宅で個人の歯形に合わせてホワイトニングジェルを流し込んだマウスピースを装着したり、
歯を磨いたりして白くしていく方法です。

 

歯の白さを実感するには2週間以上の時間を要しますが、
時間がかかる分、オフィスホワイトニングより白さが増し、持続期間も長いという特徴があります。

 

ホワイトニングはこの2種類を組み合わせたデュアルホワイトニングという方法もあります。
デュアルホワイトニングは、オフィスとホームをの長所を活かして行う理想的なホワイトニングです。

 

短期間で白い歯になる上、効果も長持ちするので、
しっかりと歯を白くしたい人にはデュアルホワイトニングがおすすめです。